消費者金融 > 消費者金融-キャッシング利用者の年代や金額

消費者金融-キャッシング利用者の年代や金額

キャッシングをする際には、他の利用者がどのような借り方をしているのか知っておいて損はありません。 総合的なデータを知っておけば、自分は他の人に比べて多く借りすぎてしまっている、という事実に気付けたり、借りすぎないように注意することにも繋がるはずです。

まず、キャッシングを利用している人の男女比についてですが、これは男性のほうが断然多く、全体の70%以上となっています。ただ、女性の利用は年々増加していると言えるでしょう。今後は更に増えていくことも予想されるので、各貸金業者は女性専用レディースローンなどを準備し、顧客獲得に乗り出している状況です。

それから、年収が少ない人ほどたくさん借りているとは限りません。キャッシングを利用している人に最も多い収入の金額は、300万円以上500万円未満です。700万円以上の年収があるけれどキャッシングを利用しているという人も、全体の10%以上います。

逆に、年収が200万円未満ということになると、キャッシングを利用している人は10%未満になるのです。

次に、利用者の年代も気になりますよね。これは、最も多いのが40代です。続いて30代、50代と続き、意外なことに20代はその次となっています。若い人ほどお金が足りなくてキャッシングを利用しているというイメージがあるかもしれませんが、何かと出費が増える30代以降の年代での利用率が高まっているようです。

では、どのような理由からキャッシングをしている人が多いのでしょうか。貸金業者以外にも銀行系のカードローンを利用するという方法がありますが、貸金業者を利用する人が多い理由として挙げられるのが、次のような理由です。

まず、審査が早いため、お金が必要になった時にすぐに融資を受けることができるという点を重視して貸金業者を利用している人が多いようです。また、銀行などのローンとは違い、無担保で借り入れができるということで貸金業者を選んだ人もいます。

人によって理由は違いますが、即日キャッシングができるというのは貸金業者の大きなメリットだと言えるでしょう。